アルバイトやパートには103万円と130万円の壁があります。壁を超えて働くと、税金や保険の負担が増えてきます。

年末年始のアルバイト。
年末年始のアルバイト。

アルバイトとパートの損をしない働き方

年末年始のアルバイト。
アルバイトやパートをする際、年収を103万以内に収めたいという人が多いです。そのほとんどが主婦や学生です。親や夫の扶養に入っている為、年収が103万円を超えると、両親や夫が、扶養控除又は配偶者控除が受けらなくなり、所得税を払う必要が出でくるからというのが理由でしょう。頑張って103万円以上稼いでも、結果的に両親や夫の税金が増え、その上所得税も払うことになるのなら、多く働かない方が得ということですね。103万円を超えなければ、働いた分は全て自分の収入になり、差し引かれるものもないので、そのような働き方をする人は多いです。求人にも、そのような働き方OKというものが多いです。

それでも、少しでも収入を増やしたい人で、生命保険に入っている人は、自分名義の保険契約の分が控除できます。いつ加入したものかによって控除額は変わりますが、最高で12万円の控除が受けられます。また、年収も130万円を超えると、社会保険の負担が出てきます。国民年金、健康保険を自分で負担する必要が出てきます。こうなってくると、世帯年収を考えた場合、大きな負担となってきます。負担額も考え、世帯年収をあげようと試算すると、160万円以上稼ぐ必要があるそうです。アルバイトやパートで年収160万円を超えるとなると、かなりの労働になります。働き方で言えば、正社員並になってきますね。

Copyright (C)2017年末年始のアルバイト。.All rights reserved.