アルバイトを優先しすぎた体験談を紹介。大学生はバイトと学業とのバランスを上手にとることが大切。

年末年始のアルバイト。
年末年始のアルバイト。

バランスを考えながらアルバイトをしよう

年末年始のアルバイト。
とある調査によれば大学生のアルバイト平均日数は週あたり2.9日だそうです。時間に換算すれば14.3時間です。学業との両立を考えれば、だいたいこのくらいの時間がバランスがとれてちょうどいいのかもしれません。

私も大学生時代はアルバイトをしていました。その中で苦い経験があります。アルバイトに熱中しすぎて、授業単位をことごとく落としてしまった経験です。当時やっていたアルバイトがおもしろく、大学に通うよりもそちらにのめり込み過ぎたこと、そしてお金を稼ぐことに熱中しすぎたことがその原因です。その当時は週あたり6日ほど働いていました。ほぼ毎日働いていたような感じです。もちろんその分収入は増えました。しかしその代償が単位だったわけです。

昨今の経済状況から、一人暮らしをしている大学生への仕送り額が以前よりも下がってきているそうです。小額の仕送り費だけではなかなか生活ができませんので、結果的に多くの大学生がアルバイトをせざるをえない状況にあるのだと思います。それでも、やはり学業との両立、または学業を優先させることが大学生にとっては大切なことだと思います。そのあたりのバランスをうまくとりながら、賢くアルバイトをすべきだと思います。

Copyright (C)2017年末年始のアルバイト。.All rights reserved.